コンテンツにスキップする

トランプ氏「今後数日が正念場」-困難なお脱せずと医療チームも認識

更新日時
  • 医療チームはトランプ氏の病状を引き続き慎重ながらも楽観
  • 大統領は熱はなく、酸素補給もしていないと主治医のコンリー氏

トランプ米大統領の主治医ショーン・コンリー氏は3日、新型コロナウイルスに感染し、入院中の大統領の病状について、医療チームは引き続き慎重ながらも楽観的だと説明する一方、トランプ氏は陽性と診断されて以降、著しい改善が見られたが、なお困難を脱していないとの医療チームの認識を明らかにした。

  コンリー氏によれば、トランプ氏は3日夜に治療薬「レムデシビル」の2回目の投薬を完了し、引き続き熱はなく酸素補給もしていない。血中酸素飽和度は96-98%だという。

トランプ大統領は著しい改善見られるが、困難は脱していない-主治医

  トランプ大統領は、3日夜にツイッターに投稿した病院からの動画で、体調が良くなったと感じ始めており、「間もなく戻れる」と思うと語った。だが大統領は「今後数日については分からない。そこが正念場だと思う。今後数日でどうなるか分かるだろう」とも発言した。

  一方、メドウズ大統領首席補佐官はFOXニュースとのインタビューで、トランプ氏が「今は全く元気だ」としながらも、2日午前の段階では「熱があったほか、血中酸素飽和度が急低下し、われわれは心配していた」と話した。

  はっきりした回復の軌道に大統領はまだなく、バイタルサインは不安を感じさせるものであり、今後48時間が極めて重要になると当局者が記者団に3日語ったと伝えられたが、それがメドウズ氏だと分かり、同氏をトランプ氏は内々に非難したという。

トランプ氏のバイタル「気掛かり」だったと関係者-主治医は楽観 (1) 

  ワシントン近郊の米軍医療センターに入院中の大統領はツイートした動画で、「ここに来て体調があまり良いとは感じていなかったが、今はずっと良くなった。選挙キャンペーンの最後の仕上げをするのを楽しみにしている」と述べた。

トランプ大統領「間もなく戻れると思う」-病院から動画ツイート (1)

  トランプ氏は3日これに先立ち、新型コロナ感染拡大で打撃を受けた米景気の回復に向け追加経済対策の取りまとめを強く促し、財政刺激策を米国は「求めており、必要としている」とツイートしていた。

トランプ大統領、追加経済対策の取りまとめを促す-病床からツイート

  トランプ大統領は、マコネル共和党上院院内総務とも3日に電話で会談した。マコネル氏によれば、新型コロナウイルス感染拡大への対応や連邦最高裁判事の承認手続き、経済対策について話し合ったが、「元気そうだった」という。

トランプ氏とマコネル米上院院内総務、電話会談-「元気そうだった」

Trump To Spend A Few Days In Hospital On Doctor Recommendations

ウォルター・リード米軍医療センターに到着したトランプ大統領(10月2日)

原題:President Makes Progress, Not ‘Out of the Woods’: Trump UpdateTrump Deflects From His Health Status as Hospital Stay ExtendsPresident Says He Expects to ‘Be Back Soon’: Trump Update、Donald Trump, President of the United States Releases Video Statement from Walter Reed , sked FINAL(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE