コンテンツにスキップする

米通商代表部、ベトナム為替操作で調査開始-通商法301条に基づく

米通商代表部(USTR)は2日、ベトナムの為替操作が米国の産業に打撃を与えていないかどうか調査を開始すると発表した。

  ライトハイザーUSTR代表が1974年通商法301条に基づく調査を公表した。米財務省と商務省は今年8月にベトナムがタイヤの貿易に絡んで為替相場を操作したと判断していた。

  ベトナム外務省に電子メールでコメントを求めたが、現時点で回答していない。

原題:
U.S. Opens Trade Case to Probe Vietnam Currency Undervaluation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE