コンテンツにスキップする

デジタルユーロ、欧州中銀が実験へ-一般から意見募る

  • 21年半ばめどにデジタルユーロのプロジェクト始めるかどうか決める
  • 開始する場合は「調査段階」からのスタート

欧州中央銀行(ECB)はデジタルユーロの実験を開始するとともに、デジタル通貨導入について一般から意見を募る。

  ECBはデジタル通貨の利点と問題点に関する研究報告を発表。ラガルド総裁は「ユーロは欧州市民のものであり、それを守るのがわれわれの使命だ」と強調。「通貨への信頼を確保するのがわれわれの役割であり、それはユーロをデジタル時代にふさわしいものにすることを意味する。ニーズが生じた場合にはデジタルユーロを発行できるよう準備をしておくべきだ」と説明した。

  一般からの意見の受け付けは12日に始まり、平行して実験が行われる。ECBは2021年半ばをめどに、デジタルユーロのプロジェクトを始めるかどうかを決定する。開始する場合は「調査段階」からスタートするという。

  ECBのパネッタ理事はイタリア紙コリエレ・デラ・セラに寄稿し、デジタルユーロが必要になった場合、「デジタルユーロを発行できる位置にECBはいるべきだ」と論じた。

原題:ECB Takes Major Step Toward Introducing a Digital Euro、Panetta: ECB Should Be Able to Issue Digital Euro If Necessary(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE