コンテンツにスキップする

北朝鮮の金与正氏、2カ月ぶりに動静報道-正恩氏らと洪水被災地視察

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は2日、金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正党第1副部長が洪水被災地を視察したと報じた。与正氏の動静は7月以降伝えられていなかったため、韓国に対する圧力強化を率いた後、同氏の権力が失墜したとの見方も一部で出ていた。

  KCNAによると、正恩氏と与正氏は複数の幹部らと共に、ここ数週間の大規模な洪水で被害を受けた地域の復興作業を視察した。

North Korean Leader Kim Jong Un Visits The Monument to War Heroes and Martyrs And Ho Chi Minh Mausoleum

金与正氏

  北朝鮮に関して米政府に助言していたこともある独立系政治アナリスト、レイチェル・ミニョン・イ氏は「きょう報じられた随行者リストは、与正氏がまだ降格させられていないことを示している」と述べた。

参考記事
北朝鮮が発する難解なシグナル-金正恩氏に何が起きているのか
北朝鮮の金与正氏、軍事力行使を警告-韓国政府は対応を協議 (1)
北朝鮮に女性指導者は誕生するか-血筋と経歴で際立つ与正氏

原題:
Kim Jong Un’s Sister Reported in Public for 1st Time Since July(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE