コンテンツにスキップする

ニューヨーク市・州を「Aa2」に1段階格下げ-ムーディーズ

  • 新型コロナウイルス感染拡大の影響が全米で最大級
  • NY市の格付け見通し「ネガティブ」-再格付けあり得ると示唆

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは1日、ニューヨーク市とニューヨーク州をいずれも1段階格下げした。市および州の新たな信用格付けは共に「Aa2」と、上から3番目の投資適格級。新型コロナウイルス感染拡大の影響が全米で最大級だと指摘した。

  ムーディーズのリードアナリスト、ニコラス・サミュエルズ氏は格下げ発表のリポートで、「新型コロナ感染拡大への経済的対応によりニューヨーク市が直面する大きな財政課題」と他の大半の大都市よりもニューヨーク市の正常化に時間がかかるとの同社の見方を反映させたと説明した。

NYC Bond Risk Rises

  ムーディーズがニューヨーク市あるいは州の格付けを引き下げるのは約30年ぶり。ムーディーズは同市の格付け見通しを「ネガティブ(弱含み)」としており、再格下げもあり得ることを示唆した。

原題:New York Downgraded as Moody’s Warns of Long Return to Normal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE