コンテンツにスキップする

中国国慶節を迎えた香港、大規模なデモなし-警察は80人余りを逮捕

  • 昨年の10月1日は大規模なデモが行われ都市機能がまひした
  • 小規模で散発的な抗議行動はあった-銅鑼湾地区など

中国の国慶節(建国記念日)に当たる1日、香港に安定が戻ったと林鄭月娥(キャリーラム)行政長官が宣言した数時間後、通行人の身分証明書や荷物を調べ、あらゆる抗議活動を阻止しようとする暴動鎮圧用の装備をした警官が街頭にあふれ、少なくとも86人を逮捕した。

  1年前のこの日は大規模なデモが行われ都市機能がまひしたが、今年は様相が一変。新型コロナウイルス対策と6月末に施行された香港国家安全維持法(国安法)に基づく取り締まりが続き、ここ数カ月で著名な活動家が相次ぎ逮捕されている。

Hong Kong Holds National Day Flag-Raising Ceremony And Reception

国慶節の国旗・行政区旗掲揚式(10月1日)

  林鄭長官は午前に行われた国慶節の国旗・行政区旗掲揚式後、「安定が戻り、国家安全が守られている」と述べた上で、「市民は国安法に沿って基本的権利と自由を引き続き享受できる」と主張した。

  民主派の毛孟静議員は、待機状態にあった警官6000人ほどの存在が「穏健な抗議活動に参加する可能性のあった人々を確実に威嚇していた」と指摘し、「国安法と一連の逮捕は脅しの戦術で、恐らくかなり成功している」と語った。

  銅鑼湾(コーズウェイベイ)地区で政府が禁止しているスローガン「光復香港 時代革命(香港を取り戻せ、時代の革命だ)」をデモ参加者が叫ぶなど、小規模で散発的な抗議行動は見られた。

  フェイスブックに投稿された声明によれば、警察はデモ隊と周囲の人々に退去するよう警告した後に、「無許可集会参加」などの容疑で逮捕を始めた。

Protests Flare Up as Hong Kong Leader Declares Return to Stability on Tense Holiday

銅鑼湾のショッピングモール(10月1日)

原題:Hong Kong Police Enforce ‘Stability’ With National Day Arrests(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE