コンテンツにスキップする

パンデミック前の世界、戻るのは早くて来年後半-ジェフリーズ幹部

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米金融サービス会社ジェフリーズ・ファイナンシャル・グループの幹部らは、新型コロナウイルスの危機が近く終わるとはみていない。

  リッチ・ハンドラー最高経営責任者(CEO)とブライアン・フリードマン会長は、「当然だと考えていた世界と似た状況に、本当の意味で完全に戻るのは早くて2021年7-9月(第3四半期)かもしれない。あらゆる可能な方法でジェフリーズをその可能性に備え、率いていく決意だ」と表明。顧客と従業員向けの文書がオンラインで掲載された。

  ジェフリーズの主要子会社で最高財務責任者(CFO)を長年務めたペグ・ブロードベント氏が、新型コロナ感染による合併症で死去したと同社は3月に発表している。

  ハンドラー氏とフリードマン氏は今回の文書で、「この先は複数の中心的なオフィスとミーティング拠点に在宅勤務の選択肢を組み合わせた、ある種のハイブリッドモデルがつくられるのは明らかだ」とし、「オフィスの規模やレイアウトにも影響があるだろう」と述べた。

  さらに新型コロナ危機の間に成績が悪かった従業員の解雇もちゅうちょしないとし、「これまでと同様に、去るべき者には去って行ってもらう」と警告した。

原題:
Jefferies’s Handler Says Normalcy Won’t Return Until Late 2021(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE