コンテンツにスキップする

バイデン氏、アムトラック使いラストベルトを遊説-米大統領選

  • 16年の選挙でトランプ氏に投票した白人労働者の支持奪還目指す
  • 1回目の大統領選討論会でのトランプ氏の振る舞い攻撃の機会に

11月の米大統領選の民主党候補、バイデン前副大統領は9月30日、陣営がチャーターしたアムトラック車両でオハイオ州東部からペンシルベニア州西部まで7都市を巡る7時間の遊説に出掛けた。

  2016年の大統領選でトランプ氏に投票したラストベルト(斜陽化した重工業地帯)の白人労働者の多くにバイデン氏自身の経済的なメッセージを訴え、接戦州のペンシルベニア州を中心にこれらの層の支持を奪還するのが狙いだ。

  遊説を終えたバイデン氏は「民主党支持の白人労働者の多くは、われわれが彼らのことを忘れたか気を配っていないと考えた」と話した上で、「取り残されているという彼らの感情」を自分は理解しているため支持を取り戻すことができると信じていると語った。

biden GETTY sub

オハイオ州クリーブランドのアムトラックの駅で演説したバイデン氏(9月30日)

写真家:アレックスウォン/ゲッティイメージズ

  新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月以降、有権者に直接訴える場面に恵まれなかったバイデン氏にとって、30日の遊説は集まった人々や地元の当局者および報道陣を魅了するイベントとなったほか、前日行われた1回目の大統領選討論会でのトランプ大統領の振る舞いを攻撃する機会ともなった。

関連記事

  バイデン氏がこの日訪れた地域の大部分は、トランプ氏が16年に従来の民主党支持者から票を獲得した選挙区であり、トランプ氏がわずか4万5000票足らずの差で勝利したペンシルベニア州については、農村部でのトランプ氏支持をできる限り切り崩すのが狙いだ。

  バイデン氏は、自分の方がトランプ氏よりも巧みな経済政策運営に当たり、新型コロナ禍からの公正で公平な回復を図ることができると強調した。

原題:
Biden Hammers Trump on Economy on Amtrak Trip Across Rust Belt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE