コンテンツにスキップする

加藤官房長官、取引の機会が制限され大変遺憾-東証売買停止

更新日時

東京証券取引所の売買停止問題で、加藤勝信官房長官は1日、取引所は経済活動にとって重要なインフラの一つであるとして、「取引の機会が制限されることであって、大変遺憾だ」と話した。

  金融庁が東証に対し原因究明を指示したが、取引再開のめどは立っていない。加藤氏は記者会見で、「1時間でも、1分でも早く復旧してもらわないといけない」と早期の対応を強く求めた。現時点では、サイバー攻撃の可能性は確認していないという。

  政府がデジタル化を進める中だけに、しっかりと原因を究明した上で、「二度とこういう事態がないようにしなければならない」と述べた。

(加藤官房長官の発言を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE