コンテンツにスキップする

テスラが中国製「モデル3」値下げ、CATL電池でコスト低減

更新日時
From
  • 政府の補助金込みで24万9900元-基本モデルの最低価格は10%下がる
  • CATLは高価な金属コバルトを含まないLFP電池を製造

電気自動車(EV)メーカーの米テスラは1日、中国で生産するセダン「モデル3」の販売価格を引き下げると発表した。事情に詳しい複数の関係者によると、同社としては初めて比較的安価な中国製の電池を搭載しており、生産コストを引き下げ、世界最大のEV市場の中国で販売を伸ばすことが可能になる。

  モデル3の価格は政府の補助金の支援で24万9900元(約388万円)となる。テスラの基本モデルの最低価格は約10%下がる。航続距離は468キロメートル。

  現行モデルの最低価格は補助金込みで27万1550元。テスラがウェブサイトに掲載した資料によると、より航続距離が長い668キロの価格は30万9900元からとなる。

China Weighs Cuts to Electric-Car Subsidies It Just Extended

上海市内の販売店で掲げられている「モデル3」の広告

  非公開情報だとして匿名を条件に話した関係者によれば、テスラの新パワートレインには中国の寧徳時代新能源科技(CATL)が製造する高価な金属のコバルトを含まないリン酸鉄リチウムイオン(LFP)電池が使われる見通し。テスラの上海工場で生産される自動車はこれまでのところパナソニックや韓国LG化学が製造するニッケル・コバルト電池を使用している。

  テスラの中国担当者は車載電池に関して具体的なコメントを控えたが、同社はサイト上で価格を変更した後、新しいモデル3は「先進的なソフトウエア技術と効率改善」による恩恵を受けると説明した。

Streets Ahead

Tesla leads in terms of EV sales in China but local rivals are catching up

Source: China Automotive Information Net

Note: Data show new car registrations.

原題:Tesla Cuts Price of China-Made Model 3 With CATL Battery (1)(抜粋)

(テスラの発表を追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE