コンテンツにスキップする

オールステート3800人削減へ、事業再編ペース加速-費用306億円計上

  • 「イーシュランス」ブランドを段階的に廃止、複数部門を統合へ
  • 削減数は昨年年末時点の従業員(約4万6000人)の約8%に相当する

自動車保険で米4位のオールステートは、昨年開始した事業再編のペースを加速させ、3800人の削減を計画している。

  9月30日の届け出によれば、人員削減とこれに関連するオフィス閉鎖で約2億9000万ドル(約306億円)のリストラ費用が生じるが、7-9月(第3四半期)に大部分を計上する。今回の削減数は、2019年末時点の全従業員約4万6000人の約8%に相当する。

  オールステートは昨年、住宅・自動車保険事業の成長を促進する計画に着手。オンライン保険「イーシュランス」ブランドの段階的廃止と、これまでに買収した複数部門の統合に動いている。同社は7月、同業のナショナル・ジェネラル・ホールディングスを約40億ドルで買収することで合意したと発表した。

原題:Allstate to Cut 3,800 Jobs as Firm Battles for More Market Share(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE