コンテンツにスキップする

データ解析のパランティアが上場、初値から下落ー時価総額1.7兆円

データ解析を手掛ける米パランティア・テクノロジーズは9月30日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した。資産家ピーター・ティール氏らが共同で創業した同社の株価は初値から下落して初日の取引を終えた。

  パランティア株は10ドルの初値を付けた後、9.50ドルに値下がりして取引を終えた。パランティアは新規株式公開(IPO)を通じた資本調達を行わず、NYSEに直接上場した。NYSEはパランティア株の初値基準価格を7.25ドルに設定していた。

パランティアの評価額2.3兆円、初値10ドル前後を投資家に提示-DJ

Source: Bloomberg)

  ブルームバーグ集計のデータによると、パランティアの取引終了時の時価総額は約157億ドル(約1兆6600億円)となった。

Palantir’s Share Price on the Secondary Market

Value-weighted average price of share sales

Data: Palantir

September value is as of 9/1.

原題:Palantir Slips on First Day After Long-Awaited Listing (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE