コンテンツにスキップする

米FRB、大手銀の配当・自社株買い制限措置を年末まで延長

  • 新型コロナ対応に起因する経済の不確実性が続いているためと説明
  • 自社株買い再開を示唆していたJPモルガンなどの失望誘う公算大

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米連邦準備制度理事会(FRB)は9月30日、国内の大手銀行に課した配当金と自社株買いの制限措置を年末まで延長すると発表した。

  FRBは、「新型コロナウイルスへの対応に起因する経済の不確実性」が続いている点と、銀行業界が資本を保全する必要性を理由に制限を延長すると説明した。自社株買い再開の可能性を示唆しているJPモルガン・チェースも含め、大手銀の失望を誘う公算が大きい。

  6月に発表されたこの制限措置では、配当を4-6月(第2四半期)の水準より増額することが規制され、全ての自社株買いが禁止されている。

原題:Fed Extends Dividend, Buyback Limit on Wall Street Banks to 2021(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE