コンテンツにスキップする

米GDP4-6月確定、前期比年率31.4%減-娯楽業界が最悪

更新日時

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)をきっかけとしたリセッション(景気後退)、およびそれに伴う米事業活動の広範な停止が4-6月(第2四半期)に米経済のほぼ全業界を圧迫。特にレストランやホテル、娯楽ビジネスは最悪の落ち込みとなった。

キーポイント
  • 4-6月の実質国内総生産(GDP)確定値は前期比年率31.4%減少
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は31.7%減
    • 改定値は31.7%減
    • 1-3月(第1四半期)は5%減
  • 4-6月は22業界のうち20業界がマイナス寄与

  芸術やエンターテインメント、娯楽、宿泊施設、食品サービスの項目は年率で91.5%減。合わせて約6.6ポイントのマイナス寄与となった。

Contributions to GDP Change

Overall GDP decreased 31.4% annualized, here are selected movers:

Source: Bureau of Economic Analysis

  新型コロナウイルス感染症(COVID19)および感染防止策の影響で、米経済活動は少なくとも1940年代以来の深刻な縮小に追い込まれた。一方、小売売上高や住宅は改善しており、コロナ流行以前の水準を上回っている。7-9月(第3四半期)のGDPは過去最大の伸びとなる見通しだ。

  4-6月は航空会社を含む輸送・倉庫の項目が年率でほぼ65%減。製造業は36.6%減だった。

  サービス業のGDP寄与度はマイナス23.5ポイント。財生産業は5.9ポイントのマイナス寄与だった。

  統計の詳細は表をご覧ください

原題:Leisure, Hospitality Fared Worst in U.S. Second-Quarter Slump(抜粋)

(情報を加え、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE