コンテンツにスキップする

新型コロナとの闘い、ワクチンだけでは不十分-ノバルティスCEO

  • 有効性高いワクチンの大規模供給、来年末までない-ナラシムハン氏
  • 新型コロナの治療薬候補、早ければ10月末に研究データ判明へ

新型コロナウイルス感染症(COVID19)と闘うにはワクチンだけでは十分でないと、スイスの製薬会社ノバルティスのバス・ナラシムハン最高経営責任者(CEO)が語った。治療も重要な役割を果たすと指摘した。

  有効性が高いワクチンが大規模に供給されるようになることは、恐らく来年末までないだろうとの見方も示した。ノバルティスはワクチン事業を5年前に英グラクソ・スミスクラインに売却したが、ナラシムハンCEOは同事業の開発責任者を務めていた。

Opening Day Of World Economic Forum 2019

ノバルティスのナラシムハンCEO

写真家:ジェイソン・アルデン/ブルームバーグ

  同CEOは、そのようなワクチンが市場に出たとしても、恐らく季節性インフルエンザのワクチンと同様に、全員に効果があるとは限らないだろうと発言。若者と高齢者とで効果が異なるかを見極めるのにも時間が必要だろうと述べた。

  「最低でも、治療は有効性が高いワクチンが大量に供給されるまでのつなぎになる」とナラシムハンCEOは述べ、「ワクチンが大規模に展開された後ですらも、新型コロナに感染した人への治療が必要になるだろう」と続けた。

  同CEOによると、ノバルティスは抗炎症剤カナキヌマブが重度の新型コロナ患者に対して効果があるかを見極める大規模な研究を進めており、データは10月末か11月初めまでに明らかになるという。

 

原題:
Novartis CEO: It’ll Take More Than Vaccines to Fight Covid (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE