コンテンツにスキップする

中国アリババ、クラウド部門が21年3月期に初めて黒字化へ-株価上昇

  • 物流サービスもキャッシュフローがプラスになる見通し-CFO
  • アリババは新型コロナ感染拡大前の水準への回復を見込む

中国の電子商取引運営会社アリババグループは、クラウドサービス部門が今年度初めて黒字化すると予想している。10年の歴史を持つ同事業の黒字転換見通しは、国内経済の持ち直しに伴う新型コロナウイルス感染拡大前の水準回復への期待を示している。

  アリババの株価は30日の香港市場で一時4%高と、取引時中としては約1カ月ぶりの大きな上げとなった。同社の年次会議で武衛(マギー・ウー)最高財務責任者(CFO)が同部門の2021年3月期は黒字になるはずだと投資家に伝えた。

アリババ、4-6月の増収率34%-新型コロナ前の水準をほぼ回復

  アリババが17年に傘下に収めた物流サービスの菜烏網絡も、営業キャッシュフローが今年度プラスになると予想していると同CFOは説明した。

Two-Way Street

Alibaba's pace of user growth post has tailed off, while rival JD's picked up

Sources: Bloomberg, company filings

原題:Alibaba Expects First Profit From its Cloud Arm This Year (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE