コンテンツにスキップする

南アの4-6月雇用者数、9年ぶり低水準に落ち込む-失業率は低下

  • 雇用者数は前期比220万人減の1410万人-11年7-9月以来の低水準
  • 全国的なロックダウンが求職活動を阻害-統計局

南アフリカ共和国の4-6月(第2四半期)の雇用者数は、9年ぶりの低水準に落ち込んだ。失業率は低下した。

  南ア統計局が29日発表した4-6月の雇用者数は、前期比220万人減の1410万人。2011年7-9月(第3四半期)以来の低水準となった。

  4-6月の失業率は23.3%と、1-3月(第1四半期)の30.1%から低下した。職に就くことは可能だが求職活動をしていない人を含む広義の失業率は42%と、前期の39.7%から上昇した。

  新型コロナウイルス感染拡大に伴う全国的なロックダウン(都市封鎖)は5月1日から徐々に緩和されているが、統計局によると「人々の求職活動を阻害した」という。

Only 14.1 million people in South Africa were employed in the second quarter

原題:South African Employment Drops to Lowest Level in Nine Years (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE