コンテンツにスキップする

大詰めの通商交渉、英国が新たな合意案提示もEUは依然不満-関係者

  • 欧州委員会、前回提案から改善わずかで「不十分」と判断-外交筋、
  • 今週が最後の交渉ラウンド、集中的な詰めの作業に週末に入る公算小

英国は欧州連合(EU)に、懸案5点に関する新たな通商合意草案を送った。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  英国が送付したのは漁業権と、国家補助を含む公平な競争条件の確保、法執行、エネルギーとモビリティー、社会保障協力に関する草案で、今週の交渉で事態を前進させることが狙い。

  だが英国の新たな提案は依然として十分ではなく、「トンネル」と呼ばれる集中作業に今週末入れるほど前進していないと、EUの外交官は指摘。EU外交官は29日、欧州委員会から英国の草案について説明を受けたという。国家補助に関する英国の最新案は、前回の案からわずかにしか改善していないとの見解を欧州委員会が示したと、外交官の1人は述べた。

  ジョンソン英首相は10月15日に始まるEU首脳会議を合意期限に設定した。それまでに合意の見通しが立たない場合、通商合意なしに英国がEUの単一市場から切り離されることはほぼ確実となる。

原題:U.K. Tries to Unblock Brexit Talks With New State Aid Proposals(抜粋)

U.K. Sends New Trade Deal Drafts to EU in Bid to Unblock Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE