コンテンツにスキップする

米消費者信頼感指数、9月は17年ぶりの大幅上昇-市場予想上回る

米民間調査機関のコンファレンスボードが発表した9月の米消費者信頼感指数は、この17年余りで最も大幅に上昇。景気と雇用市場の見通しへの楽観的な見方が強まった。ただ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の水準にはなお及ばない。

キーポイント
  • 消費者信頼感指数は101.8
    • 前月比15.5ポイント上昇-2003年4月以来の大幅上昇
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は90
    • 前月は86.3(速報値84.8)に上方修正
  • 現況指数は98.5-12.7ポイント上昇
  • 期待指数は104-17.4ポイント上昇し、3カ月ぶりの高水準
    • 上昇幅は09年以来の大きさ
Americans grew more upbeat about outlook for economy and employment

  コンファレンスボードの景気指数担当シニアディレクター、リン・フランコ氏は「家計の短期的な見通しについても楽観が強まっている。向こう数カ月、支出ペースのさらなる減速は避けられるかもしれない」と発表資料で指摘した。

  今後6カ月間に大型家電製品の購入を予定しているとの回答は49%と、7カ月ぶりの高水準。前月は44.9%だった。車を買う計画だとの回答は11.8%。前月は10.1%だった。

  向こう6カ月間に所得の増加を見込んでいるとの回答は17.5%に上昇し、6カ月ぶりの高水準となったが、パンデミック前の2月の数字(22.7%)はなお下回っている。全般的な楽観ムードは、所得が高い層を中心に広がりつつあるとコンファレンスボードは分析している。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Consumer Confidence in U.S. Posts Biggest Gain in 17 Years(抜粋)

(統計の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE