コンテンツにスキップする

クウェートのサバハ首長が死去、91歳-湾岸諸国間の対立緩和に尽力

クウェートのサバハ首長が死去した。91歳だった。ペルシャ湾岸諸国間の対立緩和や、かつて敵対していたイラクとの関係改善に努めるなど、経験豊富な外交官でもあった。

  憲法にのっとれば、首長はナワフ皇太子(83)が継ぐことになる。サバハ首長が治療のため米国にたって以降、皇太子は首長の権限を一時的に引き継いでいた。

原題:Sheikh Sabah, Kuwaiti Leader Who Tried to Heal Rifts, Dies at 91(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE