コンテンツにスキップする

ティール氏率いるVC、ビットパンダの資金調達ラウンドを主導

  • ウィーンを拠点とするビットパンダは5200万ドルを調達
  • 仮想通貨や貴金属を売買するプラットフォームを提供

デジタル投資プラットフォームのビットパンダは、資産家ピーター・ティール氏率いるベンチャーキャピタル企業バラー・ベンチャーズが主導する初の大規模な資金調達ラウンドで5200万ドル(約55億円)を集めた。

  デートレーダーが米ロビンフッド・マーケッツなどのアプリを通じて多額の資金を注ぎ込むなど、新型コロナウイルスの感染拡大以降に個人投資家の動きが活発になっている。ウィーンを拠点とするビットパンダは「ビットコイン」「イーサリアム」などの仮想通貨や貴金属を売買するプラットフォームを提供している。

  共同創業者のエリック・デムート共同最高経営責任者(CEO)はインタビューで、「米国のロビンフッドの活動は大きな助けとなっているが、われわれはより顧客フレンドリーでありたい」と語った。

  ビットパンダは今回調達する資金を従業員70人を新たに採用するのに使い、人員を今年末までに300人に増やす。欧州での事業拡大も計画しており、来年には株式市場へのアクセスもユーザーに提供する。

  同社幹部は評価額についてコメントを控えたが、「シリーズA」資金調達としては「市場標準」的なものだったとした。2014年創業のビットパンダは130万人余りのユーザーを抱え、黒字経営だという。詳細は明らかにしなかった。

原題:
Thiel Leads Investment in European Crypto-Exchange Bitpanda(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE