コンテンツにスキップする

中国、米製品の輸入ペース減速-米中貿易合意の目標達成へ鈍い進展

  • 今年の目標達成に向け、4カ月で1150億ドル相当の輸入が必要
  • 8月はエネルギー製品の購入が前月比減少、大豆は大幅拡大

中国による米国製品の輸入ペースは8月に減速し、米中貿易合意で交わした目標額の達成へ向けた進展は鈍化した。

  中国税関総署のデータを基にブルームバーグが算出したところによると、8月の米製品の輸入は金額ベースでエネルギー製品を中心に前月比で減少した。同月末までに中国が購入した米製品は通年目標である1700億ドル(約18兆円)超の約32.8%にとどまっている。今年1月に署名した第1段階の合意を順守するためには、中国は年内残り4カ月で約1150億ドル相当の米製品を購入する必要がある。

Slow Progress to Hit Target

China's purchases declined in August from a month ago

Source: Bloomberg calculations based on official Chinese data

  エネルギー製品の購入は前月比で24%減、通年目標の14%程度しか達成していない。

  米中両国は8月に第1段階合意の履行にコミットしていることを再確認し、幅広い問題で両国の緊張が高まる中でも履行に向け協力に前向きな姿勢を示した。

  中国は米国産豚肉の輸入を8月は前月比で40%近く削減した。その一方、穀物の購入は拡大した。貿易合意の主要品目の一つである大豆の輸入は前月比約4倍増。米国での収穫量増加に伴い、中国の輸入量も増加する可能性が高い。

原題:China Makes Slow Progress on U.S. Trade Deal as Purchases Slide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE