コンテンツにスキップする

NY市が一部地区対象の制限措置を検討、29日にも導入-NYポスト

米ニューヨーク市当局は、新型コロナウイルス感染率が上昇している一部地区への新たな制限措置を29日にも導入することを検討している。米紙ニューヨーク・ポストが複数の関係者を引用して報じた

  それによると、同市の当局者は28日の会合で、感染率が州と市の平均の最大4倍となっている地区にどのような制限措置を導入し得るかを検討した。検討されたのは社会生活維持に不可欠でない企業の休業や10人を超える集会の禁止、私立学校やデイケア施設の閉鎖、マスクを着用しない人への罰金導入など。

  同市は対象となり得る地区を明らかにしていないが、感染が深刻なホットスポットのリストにはブルックリンやクイーンズの一部が掲載されている。

原題:
NYC Mulls Covid-19 Measures for Some Neighborhoods: NY Post(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE