コンテンツにスキップする

エーザイとバイオジェンの認知症薬、11月6日にFDA諮問委員会審査

Massachusetts Virus Outbreak Looks Like Italy's A Few Weeks Ago
Photographer: Scott Eisen/Bloomberg
Massachusetts Virus Outbreak Looks Like Italy's A Few Weeks Ago
Photographer: Scott Eisen/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

エーザイが米バイオジェンと共同開発するアルツハイマー型認知症の新薬アデュカヌマブについて、米食品医薬品局(FDA)の末梢(まっしょう)神経・中枢神経系薬諮問委員会(PCNSC)は11月6日の会合で承認申請を審査する。

  FDAの公報を受けて、バイオジェンの株価は一時5%余り上昇した。同薬品の承認申請は8月7日に優先審査に指定され、来年3月7日を審査終了目標日に定められた。この目標日を待たずにFDAが審査に動く可能性があると、バイオジェンは当時述べていた。

関連記事(8月配信)
エーザイとバイオジェンのアルツハイマー薬、FDAが優先審査に指定

原題:Biogen’s Alzheimer’s Disease Drug to Face a Nov. 6 FDA Panel(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE