コンテンツにスキップする

英中銀ラムスデン副総裁:マイナス金利、導入が差し迫ってはいない

イングランド銀行(英中央銀行)のラムスデン副総裁は、マイナス金利の導入は差し迫ってはいないとして、 「私にとっては」政策金利の実効下限は依然として0.1%だと述べた。

  マイナス金利は同中銀の政策手段の選択肢に含まれているとも語った。考慮すべき2つの主要点は、政策金利が金融システムを通じてどのように伝播するかと、経済が回復サイクルのどの地点にあるかだと説明した。ラムスデン氏は20日に行われたソサイエティー・オブ・プロフェッショナル・エコノミストとのインタビューで発言した。

  短期金融市場が織り込む、英中銀が0.1ポイント利下げし政策金利をゼロとする時期は一時、来年6月と5月から後ずれした。 

原題:
BOE’s Ramsden Says Not About to Use Negative Rates Imminently(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE