コンテンツにスキップする

ジュリアス・ベア、米国での事業開始を検討-中南米で買収・提携も

  • 米国でのプラットフォームを真剣に検討している-米州担当トップ
  • ブラジルやメキシコ、チリで事業成長、中南米で上位5行目指す

スイスのプライベートバンク、ジュリアス・ベア・グループは中核と位置付ける中南米市場で提携相手もしくは買収先を模索する一方、米国でウェルスマネジメント事業を開始すべきかどうかを検討している。

  ジュリアス・ベアの米州担当責任者、ベアトリス・サンチェス氏は「米国でのプラットフォームを真剣に考えていないとすれば、米州事業を最高の競争力を持つ事業へと育てることに全力を傾けている者として責任を果たしていないことになる」と述べた。サンチェス氏はバーチャル形式のインタビューで話した。

Beatriz Sanchez

ベアトリス・サンチェス氏

  2019年以降、ジュリアス・ベアは米州で4カ所のオフィスを売却または閉鎖してきた。しかしブラジル、メキシコ、チリ、コロンビアでは事業を成長させている。サンチェス氏はこれらの地域で買収や戦略提携、合弁を検討していることを明らかにした。

  目指すのは中南米のウェルスマネジメント市場で上位5社に入ることだ。サンチェス氏は以前、中南米市場では国際的なプライベートバンクの中でジュリアス・ベアはだいたい6位か7位だと話していた。

  中南米の富裕層向け取引で鍵を握るのはマイアミとニューヨークだが、ジュリアス・ベアは拠点を広げることによって他の投資家にもサービスを提供できるかどうかを考えている。

  サンチェス氏は「米国でのプラットフォームに関する問題点は、どのような業務を望むのか、網羅したい市場はどこかということだ。この点を非常に真剣に考えた上で決定する」と述べ、検討されている具体的な詳細については言及を避けた。

原題:Julius Baer Weighs Opening U.S. Business, Buying LatAm Firms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE