コンテンツにスキップする

テスラの260万円EV計画を歓迎-スマホ同様シェア奪えると中国勢

  • 威馬汽車と小鵬汽車、蔚来汽車(NIO)の幹部が話した
  • テスラは初期のアップルのようで市場全体を教育してくれる-沈暉氏

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

今後3年以内に2万5000ドル(約260万円)の電気自動車(EV)を製造するというテスラの計画に戸惑う中国EVメーカーの幹部はいないようだ。先週末に始まった北京国際自動車ショーでは、むしろそうした計画の実現に期待を寄せる声が聞かれた。

  威馬汽車(WMモーター)の創業者で最高経営責任者(CEO)の沈暉氏はテスラの計画は「われわれにとって良いことだ」と述べ、「テスラが中国に進出してとても喜んでいる。テスラはまさに初期のアップルのようで、市場全体を教育してくれる」と指摘した。

Key Speakers and Interviews at the Boao Forum for Asia Annual Conference

沈暉氏

写真家:Qilai Shen / Bloomberg

  中国携帯電話市場では、アップルのシェアを小米やオッポ(OPPO)、華為技術(ファーウェイ)など地元勢が奪っている。沈氏はEV市場においても長期的にはテスラに同じことが起こると予想。「主流」EV市場でのテスラのシェアは5-10年で大きく減るとの見方を示した。

  一方、小鵬汽車の顧宏地副会長はテスラをパートナーとみている。環境に優しいハイテク車をもっと多くの消費者にアピールしようと両社ともに取り組んでるためだ。ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、EVは市場の5%未満であり、「私たちは変化と転換を加速している」と語った。

Key Speakers at the Rise Tech Conference

顧宏地氏

写真家:Anthony Kwan / Bloomberg

  顧氏はテスラが上海工場の生産能力を今後数年以内に年100万台に拡大する計画は懸念材料ではないとし、同社のイーロン・マスクCEOが「100万台を達成するとすれば、われわれの予想より市場がずっと速いペースで大きく成長したことを意味する」と説明した。

Nio Inc., The Tesla Wannabe of China, Brushes Off Stock Rout as Sales Slide

李斌氏

  蔚来汽車(NIO)の李斌CEOはテスラの2万5000ドルEV計画について問われた際、バッテリーコストの着実な低下に言及。NIOが4-6月(第2四半期)に粗利益率10%を達成し、「四半期ごとに高まる」と述べた。

   李氏はブルームバーグテレビジョンとの26日のインタビューで、「総体的な電池コストの低下はEV普及の手助けになる。われわれのEVの価格は6万ドルを超えており、このニッチ市場のために中国でもやるべき多くの仕事がある」と話した。

Streets Ahead

Tesla leads in terms of EV sales in China but local rivals are catching up

Source: China Automotive Information Net

Note: Data show new car registrations.

原題:Tesla’s $25,000 Car Doesn’t Worry Biggest Rivals in China (1)抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE