コンテンツにスキップする

米カリフォルニア州の山火事、ワイン生産地ナパ郡などで新たに発生

更新日時

米カリフォルニア州では熱波と強風により乾燥した天候が続き、北部で複数の山火事が発生した。一部住民は避難を余儀なくされ、濃い煙が地域全体を包んでいる。

  サンフランシスコの北に位置し、有名なワイン生産地ナパバレーを含むナパ郡の山火事は27日午前に発生し、一夜で延焼面積が4倍余りに拡大した。この地域は3年前にも山火事に襲われていた。これと州北部シャスタ郡の山火事は、州最大の電力会社PG&Eが顧客約19万5000人を対象とした計画停電を行ったにもかかわらず発生した。

  同州のニューソム知事は、当局からの避難指示があれば直ちに従うよう住民に訴えた。

カ氏90度を超える高温の中、消防隊員は消火活動に当たった(カリフォルニア州、27日)

出典:ブルームバーグ

  こうした新たな山火事の出火原因はなお調査中。ブルームバーグ・ニュースが入手したPG&Eの社内文書によると、同社は自社設備・機材がこれらの出火に関係した兆候はないと認識していると、従業員に説明した。同社株は28日、5.5%安と3カ月ぶり下落率を記録した。

  同地域での熱波は続き、30日までには州都サクラメントの気温がカ氏101度(セ氏約38度)に達する見込み。

原題:Fires Erupt in California Wine Country, Fueled by Wind, Heat (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE