コンテンツにスキップする

ガンドラック氏が加州脱出を検討、税率低い州の不動産業者に連絡要請

  • ロサンゼルスの拠点を離れることを検討-ツイートで明かす
  • マスク氏ら著名人が「機能不全の統治から逃れるため加州離れる」

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高経営責任者(CEO)はカリフォルニア州から転居する可能性がある。

  ガンドラック氏はツイートで、「税率が低く、よく統治された」米国の州の不動産業者に対して連絡を求め、ロサンゼルスの拠点から離れることを検討中であることを明らかにした。

  資産家で投資家のガンドラック氏は26日遅くに西海岸から送った一連のツイートで、イーロン・マスク氏ら著名人が「機能不全の統治から逃れるため、カリフォルニア州から離れる」と指摘した。

  新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による経済的打撃を受けてより多くの財源を必要とする多くの州と同様、カリフォルニア州も富裕層住民への増税を検討中。同州議会民主党は所得が500万ドル(約5億2700万円)超の層に対する税率を1月1日にさかのぼって13.3%から16.8%に引き上げることを提案している。

  ニュージャージー州議会は今月、所得が100万ドル超の層に対する税率を8.97%から10.75%に引き上げる案を可決した。イリノイ州では富裕層増税を求める法案が提出されている。一方、州の所得税を徴収しないフロリダなどの州には、ヘッジファンド運用者や富裕層が転居先として関心を高めている。

原題:Gundlach Tells Realtors in Low-Tax States ‘Give Me a Call’ (2) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE