コンテンツにスキップする

北朝鮮の寧辺核施設、最近の台風で被害-38ノース

北朝鮮の寧辺核施設が最近の台風で被害を受けたと北朝鮮分析サイト「38ノース」が25日報じた。

  それによると、寧辺施設近くの川の水位を制御するダムの損傷が商業衛星の画像で示された。ダムの水位低下は原子炉の稼働に影響する可能性がある。

  また、7月にウラン濃縮プラントで行われていたとみられる補修作業は中断されたもようだという。

  北朝鮮は最近の台風で広範囲にわたり被害を受け、金正恩朝鮮労働党委員長は年内に計画されている主要プロジェクトの再考を余儀なくされていると、国営朝鮮中央通信(KCNA)が今月に入り伝えていた。

原題:
North Korea’s Nuclear Facility Affected by Typhoons: 38North(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE