コンテンツにスキップする

デイトレーダーが米株相場に及ぼす大きな影響、最新の研究が裏付け

  • 新たな研究では、さまざまな市場参加者の株価への感応度を比較評価
  • デイトレードは、その絶対的な規模の何倍もの影響を及ぼした可能性
Fearless girl in front of New York Stock Exchange during the
Photographer: SOPA Images/LightRocket
Fearless girl in front of New York Stock Exchange during the
Photographer: SOPA Images/LightRocket

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

今年の米株式相場の回復に大きな役割を果たしたと自慢したいデイトレーダーは、最新の研究でそれを裏付ける証拠を幾つか見つけることができる。

  リテール取引が日々の売買に占める割合は20%に拡大しているが、ウォール街はこれが実際にどの程度株価に影響しているか測りかねてきた。何しろ、市場はアルゴリズムを活用するファンドや、ロングオンリーの運用者などで満ちあふれているからだ。

  ハーバード大学のグザビエ・ガベ氏とシカゴ大学のラルフ・コイジェン氏は研究で、さまざまな市場参加者の株価への感応度を比較評価することで、個人投資家が米株式市場でいかに支配的な立場を占めるに至った可能性があるかを明らかにした。

relates to デイトレーダーが米株相場に及ぼす大きな影響、最新の研究が裏付け

  両氏の理論によれば、機関投資家はマンデートに基づく売買が中心のため、株価への感応度は相対的に低い。これにより、小口投資家など他の投資家は不釣り合いなほど大きな影響力を得ることになる。

  両氏の見方によると、最近急増しているデイトレードの流れは、その絶対的な規模の何倍もの影響を及ぼした可能性がある。これはデイトレーダーが「株式市場に1ドル投資すると、時価総額が約5ドル増える」ことを意味すると両氏は指摘した。

relates to デイトレーダーが米株相場に及ぼす大きな影響、最新の研究が裏付け

  今年に入って個人投資家が実際どれほどの資金を市場に注ぎ込んだかは誰にも分からないが、オンライン証券会社ロビンフッドなどのプラットフォームでは口座数が大きく増えている。

  Eトレード・ファイナンシャルやTDアメリトレード・ホールディング、チャールズ・シュワブは、それぞれ3月までの3カ月間で過去最高の口座開設を記録。その後も成長は続いており、4-6月(第2四半期)の顧客取引はこれまでになく多かったという。

参考記事
証券業界で32歳のビリオネア誕生-コロナ禍でのデイトレーダー急増で
米個別株オプションに熱狂した個人投資家、株急落で大やけど
新米デイトレーダーの投資指南、ハウツー動画が人気に-講師は大学生

原題:Every Day-Trader Dollar Is Worth Five in a New Theory on Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE