コンテンツにスキップする

トランプ氏、16年と17年に納めた連邦所得税750ドルとの報道否定

更新日時
  • ゴルフ場経営の損失で利益相殺、過去15年で10年は所得税ゼロ-米紙
  • NYT紙の報道は「完全な偽ニュース」-トランプ大統領
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Chris Kleponis/Polaris
トランプ大統領
Photographer: Chris Kleponis/Polaris

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

トランプ米大統領は2016年と17年に連邦所得税をわずか750ドル(約7万9000円)しか支払っていないと伝えた米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)の報道について、「完全な偽ニュース」だと反論し、自身の納税申告書は監査終了後に提出するというスタンスをあらためて示した。

  トランプ氏は27日の会見で、当選前の15年間のうち10年は所得税を支払っていなかったとNYT紙が報じたことについて、「わたしは多くの納税を行ってきたし、州の所得税もたくさん支払ってきた」とコメントした。

  同紙は、少なくとも20年分に相当するトランプ氏の個人および事業の納税資料を分析。それによると、トランプ氏はゴルフ場経営で計上した多額の損失で利益を相殺し、過去15年間のうち10年で所得税を支払わなかった。また、多額の債務が今後数年に返済期限を迎えるという。

  これら資料では、トランプ氏の事業の多くが経営不振であり、同氏がこれら企業から受け取るより多くの資金を投じていたことが示されていると同紙は指摘。また、大統領の任期中は新たな外国取引を行わないとを約束したにもかかわらず、ホワイトハウス入り後2年間にフィリピンやトルコなど独裁色を強める国を含む海外で7300万ドルを稼いだという。

  トランプ氏は歴代大統領らの慣行に反し、納税申告書の開示を拒否している。

  NYT紙は資料の入手先を明かしていないが、この情報に合法的にアクセスできる筋からだとしている。トランプ・オーガニゼーションの弁護士は同紙に対し、「全部ではないがほとんどは不正確のようだ」と述べた。

  ブルームバーグニュースは同紙が報じたいずれの資料についてもまだ確認していない。

原題:Trump Refutes Report He Paid $750 in Income Tax in 2016, 2017Trump Paid Minimal Income Taxes in 2016, 2017, Times Reports (2)(抜粋)

(報道の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE