コンテンツにスキップする

TikTok、トランプ政権による配信禁止措置は不合理と地裁で訴え

  • 禁止措置は日本時間28日午後0時59分に発動される予定
  • データが中国政府に利用されるリスクがあると米司法省弁護士
Prepare to be manipulated.
Prepare to be manipulated. Photographer: Bloomberg/Bloomberg
Prepare to be manipulated.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米政府による動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の配信禁止措置が発動されるのを控え、ティックトックの弁護士は27日、連邦地裁判事に対し、トランプ大統領自身が要求した取引をティックトック所有者の中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)がまとめようと交渉中であることを踏まえれば、そうした措置は不合理だと主張した。

  配信禁止措置に関する審理はティックトックの要請で27日午前にワシントン連邦地裁で開かれ、同社の弁護士ジョン・ホール氏は「進行中の交渉によってアップストア禁止措置が必要ではなくなる可能性があるにもかかわらず、それを科すというのはいったいどのような意味があるのか」と訴えた。

  配信禁止措置は米東部時間27日午後11時59分(日本時間28日午後0時59分)に発動される予定で、アップルのアップストアおよびグーグルのアンドロイドからティックトックは排除される。

  米司法省側の弁護士ダニエル・シュウェイ氏は、データが中国政府に利用されるリスクがあると反論。「これは今日の脅威、リスクであり、今日対処しなければならないものだ」と述べた。

  ワシントン連邦地裁のカール・ニコルズ判事は、判断を「きょう中に下すが、11時59分より前になるだろう」と述べた。弁護士への質問ではどちら側に傾いているかの示唆はほとんど与えなかった。

原題:
TikTok Attacks Trump Ban as Irrational Amid Talks on Stake Sale(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE