コンテンツにスキップする

米、中国の半導体受託生産会社SMICへの輸出を一部制限へ

更新日時

米国は中国の半導体受託生産会社、中芯国際集成電路製造(SMIC)への一部輸出を制限する措置を打ち出した。中国の有力テクノロジー企業に新たに狙いを定めるもので、重要産業を巡る米中の緊張を高めることになりそうだ。

  米商務省は今月25日付の書簡で、米企業はSMICへの一定の製品輸出に当たって免許申請が必要になると伝えた。ブルームバーグ・ニュースが書簡を確認したもので、同省産業安全保障局はSMICとその子会社が「軍事的な最終用途への転用で容認不可能なリスク」を突き付けるとしている。書簡の内容について商務省の確認は得られていない。書簡については英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が先に報じていた。

  SMICは電子メールで送付した発表文で、制限措置の正式な通知を受け取っていないとした上で、同社は中国人民軍と関係がなく、軍事のエンドユーザーないし軍事使用のための製品を一切製造していないと説明した。

  ブルームバーグのデータによれば、SMICの顧客にはクアルコムブロードコムなどの米半導体メーカーが含まれる。

原題:U.S. Imposes Restrictions on Exports to China’s Top Chipmaker(抜粋)

(リードと2段落目を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE