コンテンツにスキップする

メルトダウン最悪シナリオ、ペンシルベニア州震源か-米大統領選

更新日時
  • 郵送投票は新しい経験であり6月予備選では集計に数週間かかった
  • 開票結果への異議申し立てを州法が認めているため確定が遅れる恐れ

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

11月3日の米大統領選の翌朝のことだ。重要州であるペンシルベニア州で約300万もの郵送票の集計に何日もかかる見通しとなり、開票結果を巡り両陣営の法律専門家が法廷闘争さえ準備する中で、世界は誰が当選したか分からない。

  これは大接戦の末、トランプ大統領と民主党のバイデン前副大統領のどちらが全米選挙人の過半数(270人)を獲得するかが、一つの州の開票結果で決まるケースで想定される最悪の選挙シナリオだ。

  2000年にはフロリダ州の600未満の票差が勝負を分けるところまで行き着いた。選挙管理と選挙法の専門家によれば、新型コロナウイルス感染拡大の影響で過去最も多くの郵送票が見込まれる今年は、諸要因が重なることからペンシルベニア州が選挙後のメルトダウンに陥る危険性が恐らく最も高い。

  ペンシルベニア州にとって郵送投票は新しい経験であり、6月2日の予備選では集計に数週間かかった。郡は選挙当日まで票の処理を開始できず、夜までに集計が終わらないのはほぼ確実だ。16年の大統領選ではわずか4万4292票差で選挙人獲得の行方が決まった。

  さらに州法が開票結果に対する異議申し立てを認めているため、結果の確定が遅れる危険が増す。

  選挙法と投票の問題に取り組むペンシルベニア州フィラデルフィアの無党派市民組織「コミッティー・オブ・セブンティ」のポリシーディレクター、パトリック・クリスマス氏は「全米と全世界から顕微鏡でのぞくように観察される状況に備えて全員身構えているところだ」と話した。

Voters Cast Ballots In Pennsylvania Primary Election

ペンシルベニア州予備選で郵送投票の指定場所に並ぶ有権者(6月2日)

撮影:Hannah Yoon / Bloomberg

Philadelphia Ballot Counting Facilities

フィラデルフィア市が郵送票処理のために借りたコンベンションセンター

撮影:Ryan Collerd / Bloomberg

  重要な激戦州のウィスコンシンとミシガンも選挙当日まで郵送票の処理が始められず、同様の苦しい状況となる恐れはあるが、ファイブサーティエイトの分析によると、ペンシルベニア州(選挙人20人)が大統領選の転機になる確率が一番高い。

  6月の予備選の状況から判断すると、警戒すべき多くの理由が存在する。ペンシルベニア州では、新型コロナウイルス感染拡大に先立つ昨年10月の段階で、有権者が理由を示さずに郵送投票をリクエストできる選挙規則の変更が行われた。

  これにより約150万人が郵送投票ないし不在者投票を行い、投票全体に占める割合は18年予備選の2%から過半数の51%まで拡大。郵送票と不在者票の集計に3週間程度を要した。州の報告によれば、約半分の郡が予備選後も1週間余り集計を続けた。

  11月の大統領選では、郵送票の数は約300万に倍増すると予想されている。

  

原題:Worst-Case Election Scenario Is Meltdown in Key State’s Counting(抜粋)

(ペンシルベニア州の郵送票の予想を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE