コンテンツにスキップする

日産自の内田社長、21年に黒字に戻ること可能-北京国際自動車ショー

  • 中国の需要はすでに戻りつつある-メディア向け説明会で
  • 中国で日産自の存在感を高める計画だと説明

日産自動車の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は26日、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ中国の需要がすでに戻りつつあることから、現在の勢いが続けば2021年に黒字に戻ることができるとの見通しを示した。

  内田社長は北京国際自動車ショーのメディア向け説明会で、日産自は年末までに中国市場が力強く回復すると予測しており、中国で同社の存在感を高める計画だと述べた。

世界の自動車業界は中国市場頼み-欧米尻目にいち早く回復

relates to 日産自の内田社長、21年に黒字に戻ること可能-北京国際自動車ショー

日産のディスプレー(北京国際自動車ショー、9月26日)

写真家:Emma O’Brien / Bloomberg

  日産自の前期(2020年3月期)純損失は6712億円。20年ぶりの巨額赤字に陥った。

CHINA-AUTO-SHOW

日産「GT-R50」(北京国際自動車ショー)

原題:Nissan May Return to Profit in 2021 If Current Momentum Holds Up(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE