コンテンツにスキップする

シタデル・セキュリティーズ、株式取引の支配強化-波乱見据え先手

  • 1-6月のトレーディング収入38.4億ドル、すでに前年全体を上回る
  • 市場シェアも拡大、米株全体の4分の1を取り扱う

米ヘッジファンド運営会社シタデルの創業者、ケン・グリフィン氏が創設したシタデル・セキュリティーズは、今年上期だけで38億4000万ドル(約4060億円)のトレーディング収入を稼ぎ出した。2019年全体の32億6000ドルを、半年で上回った。同社が今月、投資家へのプレゼンテーションで明らかにした。純利益は1-6月期に23億6000万ドルと、前年同期の9億8200万ドルの2倍を超えた。

  3月下旬にトレーディングの拠点をフロリダ州やコネティカット州に移し、新型コロナウイルスがパンデミック(世界的な大流行)となる中でも円滑なオペレーションを維持する戦略が奏功した。

グリフィン氏の新型コロナ対応、暫定トレーディング施設に社員を隔離 

  シタデル・セキュリティーズは株式を公開していない。広報担当者は業績の数字についてコメントを控えた。

Lockdown Leap

Citadel Securities posted record revenue for the first half of 2020

Source: Company presentation

  ペン・チャオ最高経営責任者(CEO)が率いるシタデル・セキュリティーズは、市場シェアも拡大した。米国のオプション市場でのシェアは27%から32%に拡大。6-8月に同社が扱った米株式の取引高は全体の28%。比率は昨年の22%から上昇した。

  ロビンフッドなど手数料無料アプリが席巻するリテール市場でも、シタデルはシェア41%と支配的な立場にある。

シタデルのグリフィン氏、もう1つの「金のなる木」で競合他社に対抗

Equity Market

Citadel Securities is responsible for more than 25% of U.S. equity volume

Source: Company presentation

原題:Citadel Securities Doubled Profit as Dominance Grew in Wild 2020(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE