コンテンツにスキップする

バイデン氏勝利を警戒するロシア、トランプ後の戦略構築急ぐ-関係者

モスクワではロシア大統領府と安全保障会議の分析官が、11月の米大統領選で民主党大統領候補のバイデン前副大統領が勝利した場合の戦略構築を急いでいる。

  事情に詳しい関係者によると、トランプ大統領が敗北する可能性に警戒感を強めるロシアは、バイデン氏当選なら核兵器や中国との関係、エネルギー輸出、制裁、国際紛争全般など慎重な扱いが求められる問題にどのような影響が及ぶのか見極めようとしている。トランプ氏再選でも米ロ関係が改善する見込みが大いにあると考える向きはほぼないが、バイデン大統領誕生はロシアにとって悪い知らせとなる公算が大きいと、ロシアの政権中枢に近い関係者は語った。

US-VOTE-BIDEN

ノースカロライナ州シャーロットで演説するバイデン氏(23日)

写真家:ジムワトソン/ゲッティイメージズ経由のAFP

  民主党勝利ならロシアは自国の選挙日程を変更し、議会選を春に繰り上げる可能性もあると、ロシア大統領府に近い関係者は述べた。米新政権に追加制裁やペナルティーを科す時間を与えず、その影響が選挙に及ぶことを避けるためだという。関係者は匿名を条件に見解を表明した。

  米当局者によると、ロシアはすでに選挙戦に介入している。だが、トランプ氏が予想外の勝利を収めモスクワの支持者すら驚く事態となった2016年と今回は、状況が違う。

  米国の政治は二極化が進み、ロシアが介入して新たな論争を生み出す必要性はほぼなくなったと、英情報当局の高官はみている。それでもロシアはバイデン氏を中傷し、米政界に分断の種をまこうと「極めて活発」に運動を展開していると、米連邦捜査局(FBI)のレイ長官は先週述べた。

  元ロシア大統領府顧問のグレブ・パブロフスキー氏によると、ロシア政府幹部はまだトランプ氏を見限ったわけではない。 「ロシアがトランプ氏にどのような支援を提供できるかは不明だが、大きなスキャンダルにならない限りやるだろう」と同氏は語った。

JAPAN-G20-SUMMIT

G20サミットで握手するトランプ米大統領とロシアのプーチン大統領(2019年、大阪)

写真家:Getty Images経由のBrendan Smialowski / AFP

原題:
The Kremlin Is Getting Alarmed at Prospect of a Biden Win (4)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE