コンテンツにスキップする

中国、在NY総領事館巡るポンペオ長官発言を「悪意ある中傷」と批判

中国外務省の汪文斌報道官は25日、在ニューヨーク中国総領事館が中国のスパイ活動の主要拠点として使われているとポンペオ米国務長官が述べたことについて、「無責任で悪意ある中傷」だと批判した。

  汪報道官は北京での定例記者会見で、「米国にいる中国の外交官はウィーン条約などの規範を忠実に守っている。現地の人々との交流は一般的な業務だ」と述べた上で、中国は新たな展開を踏まえ必要な対応をすると説明した。

  ポンペオ長官は23日の米紙ニューヨーク・ポスト(NYP)とのインタビューで、さらに多くの外交官と工作員が逮捕される可能性が高いとも発言。米政府は米国内で働く多数の中国の外交官を厳重に監視しており、この中にはニューヨークにある国連本部に勤務する中国の外交官も含まれると話したという。

原題:China Calls Pompeo Consulate Spy Comments ‘Malicious Smears’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE