コンテンツにスキップする

菅首相、東京五輪開催への「決意」表明-国連総会でビデオ演説

  • コロナで打撃を受けた経済への対応が不可欠、デジタル化にも言及
  • 北朝鮮の金委員長と条件を付けずに会う用意がある

菅義偉首相は25日午後(日本時間26日午前)、米ニューヨークで開かれている国連総会で一般討論演説を行い、来夏に「人類が疫病に打ち勝った証しとして、東京五輪・パラリンピックを開催する決意だ」と表明した。

  演説では「安心安全な大会に皆さんをお迎えするために、今後も全力で取り組んでいく」と訴えた。

  菅首相が就任後、国際会議で演説するのは初めて。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、録画したビデオ演説が配信された。

  新型コロナへの対応については、打撃を受けた経済への対応が不可欠であるとの考えを表明。ワクチンや治療薬の普及に取り組むことに加え、自由貿易を止めないとの考えで世界貿易機関(WTO)改革や経済連携協定を推進する方針を示した。日本国内の課題として、コロナ禍で遅れが浮き彫りになったデジタル化に取り組むことにも言及した。

  外交面では、北朝鮮による拉致被害者の家族が高齢化しており、一刻の猶予もないとの危機感を表明。新首相として、「条件を付けずに金正恩朝鮮労働党委員長と会う用意がある」と呼び掛けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE