コンテンツにスキップする
Photographer: STR/AFP
cojp

中国国内で約1カ月ぶりに無症状の新型コロナ感染-港湾労働者2人

  • 輸入された冷凍食材からの感染があり得るとの懸念、強まる可能性
  • 新型コロナが食品介して伝染する証拠はない-米食品医薬品局
relates to 中国国内で約1カ月ぶりに無症状の新型コロナ感染-港湾労働者2人
Photographer: STR/AFP

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

中国国内で約1カ月ぶりに無症状の新型コロナウイルス感染者が確認された。山東省で冷凍魚介類の荷降ろしを担当する港湾労働者2人がコロナ検査で陽性反応を示したことから、輸入された冷凍食材からの伝染があり得るとの懸念が中国で一段と強まりそうだ。

  同省青島市の衛生健康委員会が発表した24日付声明によれば、港湾労働者に対する定期検査で2人の感染が判明。中国国内での無症状感染例の報告は8月20日以降なく、また症状のある国内感染例も同月15日以来皆無だった。他国と異なり、中国は毎日集計する感染例を症状があるかないかで分けて発表している。

  米食品医薬品局(FDA)は新型コロナが食品もしくは食品パッケージを介して伝染する証拠はないとしているが、中国の研究者らは冷凍サーモンに付着した新型コロナウイルスは1週間余り感染し得ることが分かったとしている。

  中国では冷凍された輸入魚介類・食肉およびそのパッケージ、それに輸入品が積み込まれたコンテナでウイルスの痕跡が繰り返し見つかり、最近ではエクアドルとブラジル、インドネシアの一部施設からの輸入を禁止した。

原題:China Finds First Asymptomatic Cases in 35 Days at Qingdao Port(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE