コンテンツにスキップする

EU、仮想通貨の規制を計画-2024年までの枠組み導入目指す

欧州連合(EU)は、域内での暗号資産(仮想通貨)の規制に向け大きな一歩を踏み出す。市民や企業から新たなテクノロジーの利用機会を奪わずに金融市場の保護を目指す。

  EUの執行機関である欧州委員会は、24日に発表された規制案の下で、仮想通貨に対する明確な基本ルールの確立を目指している。今回の規制案は、フェイスブックの「リブラ」 など、既存の通貨を裏付けとする「ステーブルコイン」を規制することも目的。リブラは多数の利用者の手に届く可能性があり、金融安定性を脅かしかねないとして規制当局に警戒されてきた。

  欧州委によると、新たなルールの下では、取引プラットフォームなど暗号資産関連企業はEU域内に物理的な拠点を設置する必要があるほか、資本規制の対象となる。また、重要度の高いステーブルコインについては、欧州銀行監督機構(EBA)が監視する。

  今回の規制案は、欧州議会と各国政府の協議を経て法制化される。欧州委は2024年までに暗号資産の規制枠組みの導入を計画している。

原題:
EU Plans to Regulate Cryptocurrencies in Digital Finance Push(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE