コンテンツにスキップする

菅首相と中国の習主席が緊密連携で一致、訪日に触れず-電話会談

菅義偉首相は25日夜、中国の習近平国家主席と就任後初の電話会談を行い、首脳間を含むハイレベルで緊密に連携することで一致した。習主席の訪日には触れなかった。会談後、菅首相が記者団に語った。

  会談で菅首相は「日中の安定は2国間だけでなく地域・国際社会のために極めて大事なことであり、共に責任を果たしていきたい」と述べた。習主席は「日本との関係を引き続き発展させていきたい」と話したという。

  両国首脳の会談は安倍晋三前首相が中国を訪問した2019年12月以来。日中関係は安倍政権下で改善に向かい、4月には習主席の国賓としての訪日が予定されていたが、新型コロナウイルスの感染が拡大した影響で延期された。

  国賓訪日については、自民党内から中国が香港への統制を強めていることを非難し、中止を求める声も上がっている。尖閣諸島周辺で中国公船による領海侵入が繰り返されていることについても、日本政府が抗議している。

  菅内閣発足時に閣議決定した基本方針では、「中国をはじめとする近隣国との安定的な関係を構築する」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE