コンテンツにスキップする

9月24日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎米国市況:株が小反発、追加景気対策への楽観と悲観で乱高下

  24日の米株式相場は小反発。世界的な新型コロナウイルス感染再拡大が懸念される中、米追加景気対策で妥協が得られる可能性を見極める展開で荒い値動きとなった。米国債は長期債中心に上昇し、ドルは下落。

  • 米国株は乱高下の末に小反発、追加経済対策を見極め
  • 米国債は長期債中心に上昇、10年債利回り0.67%
  • ドルの上昇一服、リスク選好高まる
  • NY原油先物は3日続伸-米景気対策への期待
  • 金スポット、4日ぶり反発-ドル指数低下で持ち直す

  S&P500種株価指数は結局、日中の上げ幅を大きく縮小して終えた。ムニューシン財務長官が追加景気対策の妥協案でペロシ下院議長と協議を再開する意向だと伝わった後、日中高値に上昇。終盤には別の報道で両者の見解にはなお隔たりが大きいとの見方が浮上し、前日比で下げる場面もあった。

  S&P500種は前日比0.3%高の3246.59。ダウ工業株30種平均は52.31ドル(0.2%)高の26815.44ドル。ナスダック総合指数は0.4%上昇。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.67%。

  ジェフリーズのチーフエコノミスト、アニタ・マルコウスカ氏は「景気対策第4弾が実現する確率については、予断を許さない」と指摘。「まだ可能性はあるが、年内に実現しないリスクも大きい。これなしでは、米経済は第4四半期に大きく減速するとみている」と語った。

  外国為替市場ではドルの上昇が一服。金融当局者から米景気回復に楽観的な発言が出たほか、追加の財政支援策に対する期待が再び高まり、リスク選好が強まった。このほか、11月の大統領選挙後の政権交代は混乱なく行われると共和党議員が確約し、選挙に対する不安感が後退した。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%低下。5営業日ぶりの下げとなった。ドルは対円ではほぼ横ばいの1ドル=105円41銭。ユーロは対ドルで0.1%高の1ユーロ=1.1672ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は3日続伸。米追加景気対策を巡る協議再開への楽観的な見方を受けて買われた。ただ、一部の国で新型コロナ感染拡大抑制のための制限措置が再導入されていることから、石油需要回復に確信が持てないとの見方は根強く、上値は抑えられた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限は38セント(1%)高の1バレル=40.31ドル。ロンドンICEの北海ブレント11月限は17セント(0.4%)上げて、41.94ドル。

  金スポット価格は4営業日ぶりに反発。一時約2カ月ぶりの安値を付けたが、テクニカル面で下値支持線に接近したことやドル指数の低下を受けて上昇に転じた。ニューヨーク時間午後0時34分現在は0.3%高の1オンス=1869.51ドル。一時は0.8%下げていた。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限も4営業日ぶりに反発し、8.50ドル(0.5%)高の1オンス=1876.90ドル。

原題:Stocks Whipsaw as Traders Weigh Odds of Stimulus: Markets Wrap(抜粋)

Dollar Halts Rally as Recovery Hopes Boost Stocks: Inside G-10(抜粋)

Oil Climbs With Stronger Equities on Hopes for U.S. Stimulus(抜粋)

Spot Gold Rebounds From a Two-Month Low as Dollar Gains Ebb(抜粋)

◎欧州市況:株下落、景気回復に懸念-ドイツ債はほぼ変わらず

  24日の欧州株は下落。米国で発表された経済統計は強弱が混在しており、追加刺激策が投入されなければ景気回復は腰折れする恐れがあるとの懸念が残った。

  ストックス欧州600指数は1%安。銀行など幅広い銘柄で売られた。銀行株は一時、欧州中央銀行(ECB)の「条件付き長期リファイナンスオペレーション(TLTRO)3」を通じた資金供給を受けて上昇していた。

  週間ベースではこのまま推移した場合、6月以来の大幅安となる見通し。欧州の新型コロナウイルス感染再拡大を受け、新たな制限措置に対する懸念が高まったほか、米国で追加支援策を巡る協議が難航していることへの悲観が株価を押し下げている。

  欧州債はイタリア債が小幅安。ドイツ債はほぼ変わらずだった。英国債は上げを失った。スナク英財務相が新雇用対策案を明らかにした直後は買いが進んだが、その後失速した。

  イタリア債は中期債を中心に下落した。ドイツ債は取引終盤から上げを失う展開となった。

  英国債の利回り曲線はブルフラット化の動きを削った。新たな雇用対策案の規模は前回を下回るとみられている。イングランド銀行(英中銀)のベイリー総裁は、マイナス金利導入の可否あるいは導入する場合はその適切な時期について、英中銀はまだ見解を固めていないと述べた

  ドイツ10年債利回りはマイナス0.51%で変わらず。フランス10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇してマイナス0.24%、イタリア10年債は2bp上げて0.87%。

原題:European Stocks Slump Amid Concerns About U.S. Economic Recovery(抜粋)

Italian Bonds Slip, Bunds Steady: End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE