コンテンツにスキップする

TikTok禁止、トランプ政権に延期か「反証」命じる-米連邦地裁

更新日時
  • 延期に応じるか差し止め請求に反論する資料を提出するよう命じた
  • バイトダンスは禁止措置の一時差し止めを連邦地裁に請求していた
The youths can’t get enough.
The youths can’t get enough. Photographer: NOAH SEELAM/AFP
The youths can’t get enough.
Photographer: NOAH SEELAM/AFP

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ワシントンの連邦地裁は24日、米政府が27日から予定する短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」に対する禁止措置を延期するか、中国の運営会社、北京字節跳動科技(バイトダンス)による差し止め請求への反証を25日までに提示するようトランプ政権に命じた。

  バイトダンスは、ティックトックの米国事業を巡るオラクルおよびウォルマートとの提携案の承認を米政府に求める一方、ティックトックに関わる取引を禁じた米大統領令とそれに基づく禁止措置の一時差し止めを連邦地裁に請求し、禁止が発動される27日深夜より前に審理を行うよう要求していた。

  連邦地裁のカール・ニコルズ判事は政権側に対し、米東部時間25日午後2時半(日本時間26日午前3時半)までに発動期限の延期に応じるか、バイトダンスの差し止め請求に反論する資料を裁判所に提出するよう命じた。

  禁止措置を延期しない場合、連邦地裁は27日午前に差し止め請求に関する審理を行う。

  ティックトックの新規ダウンロードや更新を禁止する措置は27日午後11時59分に発動される。アップルとグーグルのアプリストアから締め出され、アプリの新規取得だけでなく、既存ユーザーもアップデートできなくなる。

原題:TikTok Judge Tells U.S. to Delay Ban or Argue for It Friday (2)(抜粋)

(延期しない場合の審理日程を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE