コンテンツにスキップする

米下院民主党、2.4兆ドル規模の新たな経済対策案の策定開始-関係者

更新日時
  • 米政権および上院共和党との交渉再開促す狙い
  • 上院共和党が容認し得るとしている規模をなお上回っている
ナンシー・ペロシ下院議長

ナンシー・ペロシ下院議長

Photographer: Stefani Reynolds/Bloomberg
ナンシー・ペロシ下院議長
Photographer: Stefani Reynolds/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米下院民主党は規模が2兆4000億ドル(約253兆円)前後の新たな経済対策案の策定を開始した。下院民主党関係者が明らかにした。ホワイトハウスおよび上院共和党との交渉再開を促す狙いがある。

  激戦州の同党議員から、地元州で再選に向け追い込みを掛ける前に経済対策案を通過させてほしいとの要望が出ており、これにも対応した。

  民主党の新たな経済対策案は来週中に下院で可決される可能性がある。しかし2兆4000億ドル規模は5月に下院を通過した経済対策案の3兆4000億ドルを下回っているものの、上院共和党が容認し得るとしていた規模をなお大きく超えている。トランプ大統領は1兆5000億ドルまで受け入れる用意があると示唆している。

原題:
Democrats Crafting New $2.4 Trillion Stimulus Bill to Spur Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE