コンテンツにスキップする

トルコ中銀、政策金利2ポイント引き上げ-2018年以来の利上げ

トルコ中央銀行は24日、政策金利引き上げを発表した。これまでに打ち出した他の措置では通貨リラを安定させることができず、2018年終盤の通貨危機以降で初の利上げに踏み切った。

  金融政策委員会(MPC)は1週間物レポ金利を10.25%とこれまでの8.25%から引き上げた。ブルームバーグの調査では大半が据え置きを予想していた。発表後にリラは上昇し、イスタンブール時間午後2時8分現在はドルに対し1.4%高。

  中銀は8月以降、流動性を絞るなどで引き締めを図ってきたが、投資家は透明性欠如や政策反転の容易さからこの手法を疑問視していた。

  中銀は声明で、「インフレ期待とインフレ見通しへのリスクを抑制するため、8月以降に実施してきた引き締め措置を補強する必要があると判断した」と説明した。

Turkey increases interest rates for the first time since 2018

原題:Turkey Raises Rate for First Time Since 2018 Currency Crisis (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE