コンテンツにスキップする

ソフトバンクG孫社長、金融機関への担保が約1400万株減少

更新日時
  • みずほ銀や新生銀で増加、クレディ・スイスやピクテで減る
  • 「私個人の借り入れは数千億円ある」、5月の会見で孫氏が発言

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ソフトバンクグループの孫正義社長が国内外の銀行、証券会社など金融機関に対し担保提供している自社の株数が、半年前と比べ約1400万株減少した。

  孫社長と関連会社が24、25日に関東財務局に提出した変更報告書を基にブルームバーグが集計した。24日の株価終値で試算すると、金額ベースで担保は3月時点と比べ約850億円減ったことになる。金融機関別ではみずほ銀行や新生銀行で増えた半面、クレディ・スイスやUBS、ピクテなどで減った。

  孫社長は5月の決算会見で、「私個人の借り入れは数千億円ある」と述べていた。

  ソフトバンクG株の24日終値は6087円。同社が総額2兆5000億円の自社株買い計画や4兆5000億円の資産売却計画などを発表した影響で、3月末時点と比べると約6割上昇している。

SoftBank Masayoshi Son Presents Third-Quarter Results

孫社長

Photographer: NurPhoto/NurPhoto

 

(25日開示の訂正報告書の内容を踏まえ、最新情報に更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE