コンテンツにスキップする

株安のHSBC、長年の投資家も愛想尽かす-年初来で8.7兆円消失

英銀HSBCホールディングスの株価下落に、最も忠実な投資家でさえ愛想を尽かしつつある。

  元香港取引所副主席でHSBC株を40年余り保有してきた蔡陳葆心氏(89)も今や、この投資は失敗だったと話す。HSBCに復配を働きかけたが奏功しなかったマネーマネジャーのサイモン・ユエン氏は、25年ぶり安値に達した株価はさらに下落余地があるとみる。

  筆頭株主の中国平安保険(集団)も同行への信頼を表明せず、同行株は「長期の金融投資」だと説明するにとどめた。

  HSBC株のここ半年の下落ペースは世界の大手金融株の中で最速。通常は楽観的なセルサイドのアナリストらも貸し倒れや米中緊張の中でのかじ取りに懸念を強め、総じて弱気に転じている。

  香港の中潤證券主席を務める蔡氏は、HSBCへの「信頼を失った」と言う。同行株は香港の多くの個人投資家にとって中心的な保有銘柄だったが「株価が回復するとは全く期待できない」と同氏は述べた。

  HSBCの香港上場株は今週これまでに9%強下落。年初来では54%安となり、ハンセン指数構成銘柄中で最悪のパフォーマンスだ。ロンドンでは約51%下げて、年初来で時価総額830億ドル(約8兆7500億円)相当を失った。

  百利好金融集団のディレクター、ベニー・リー氏は、落ち込みの深さは「長期投資家でさえ信頼を失い始めることを意味する。明らかに悪い兆候だ」と話した。

 HSBCは株価動向についてコメントを控えた。  

HSBC shares trade below financial crisis low on China woes

原題:HSBC Loyalists Lose Faith After Stock’s $83 Billion Plunge (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE