コンテンツにスキップする

バイデン氏と民主圧勝なら10年債利回り最大40bp上昇-ゴールドマン

バイデン前副大統領

バイデン前副大統領

Photographer: Jim Watson/AFP via Getty Images
バイデン前副大統領
Photographer: Jim Watson/AFP via Getty Images

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米大統領・議会選で民主党候補のバイデン前副大統領が大勝し、民主党が上下両院で圧勝すれば、米国の10年国債利回りはその後1カ月で、計30-40ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)押し上げられるとゴールドマン・サックス・グループのストラテジスト、プラビーン・コラパティ氏とアビシャ・タッカー氏が23日公表したリポートで予測した。

  • 選挙前と比較した指標利回りの上昇は、政府支出拡大が持続する可能性を主に反映へ
  • コラパティ氏は「現在の世論調査結果に基づけば、ストラテジストが検討するあらゆるシナリオの中で、民主党による全体的な支配の可能性が最も高いと言わざるを得ないだろう」とインタビューで指摘
    • 「しかし選挙までまだ40日余りある」ため、情勢が変化する十分な時間が残されている
    • 民主党による全体的な勝利は、市場が予想する連邦準備制度の次の利上げ時期を早める可能性がある。バイデン氏は抑制気味のアジェンダを掲げるが、利上げの時期を2025年から23年に早めることもあり得る

原題:Goldman Says Democratic Sweep Is Likely to Jolt U.S. Yields Most(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE